日本政策金融公庫および商工中金のHPで、新型コロナウイルス感染症特別貸付に関するQ&
Aが更新されました。4月7日に政府が公表した「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を
受け、特別貸付の拡充についても記載されています。

1.日本政策金融公庫
(1) 新型コロナウイルス感染症特別貸付等に関するQ&A
①国民生活事業:https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/covid_19_faq.pdf
②中小企業事業:https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/covid_19_faq_chusho.pdf

【新たに追加された主な内容】
Q 新型コロナウイルス感染症の影響を受けていますが、最近において、店舗が増加した結
果、前年(前々年)同期と単純に比較すると売上が増加しています。このような場合は、
新型コロナウイルス感染症特別貸付は利用できないのでしょうか。
A 店舗の増加のほか、合併や業種の転換を行った場合、ベンチャー・スタートアップ企業
のように、短期間に 売上増加に直結する設備投資や雇用の拡大を行っている場合など、
前年(前々年)同期と比較するのが馴染まないときは、業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の
場合に準じ、次の要件で比較できる可能性がありますので、お申込やご面談の際にご相談
ください。
最近1ヵ月の売上高が、次のいずれかと比較して5%以上減少している方
①過去3ヵ月(最近1ヵ月を含む。)の平均売上高
②令和元年12月の売上高
③令和元年10月~12月の売上高の平均額

(2) 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策を受けた
新型コロナウイルス感染症特別貸付の拡充内容に関するQ&A
①国民生活事業:https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/seidokakujyu_faq_m.pdf
②中小企業事業:https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/seidokakujyu_faq_t.pdf

【主な記載内容】
○令和2年4月7日に閣議決定された新型コロナウイルス感染症緊急経済対策において、資金
繰り対策の強化が公表されていましたが、具体的にどのように変わるのか教えてください。
○融資枠が増えるのでしょうか。
○拡充後の融資制度はいつから始まりますか。
○新たな資金は不要なため、既存融資の借換だけで申込みできますか。

2.商工中金
新型コロナウイルス感染症特別貸付に関するQ&A
https://www.shokochukin.co.jp/assets/pdf/nr_200319_08.pdf

【新たに追加された主な内容】
<制度が利用できる対象者について>
Q9 創業から6か月で前年との比較ができない場合や、合併をした場合などの前年同期と単純
に比較ができない場合はどうしたら良いですか。[令和2年4月9日追加]
A  業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の場合、店舗増加や合併、業種の転換など、売上増加に直結
する設備や雇用等の拡大している企業(ベンチャー・スタートアップ企業を含む。)な
ど、前年(前々年)同期と単純に比較できない場合等は、最近1ヶ月の売上高が、次のい
ずれかと比較して5%以上減少している方が制度の対象となります。
a 過去3ヶ月(最近1ヶ月を含む。)の平均売上高
b 令和元年12月の売上高
c 令和元年10月~12月の売上高平均額

<新型コロナウイルス感染症緊急経済対策について>
Q10 令和2年4月7日に閣議決定された新型コロナウイルス感染症緊急経済対策において、
既存債務の借換も可能とし、実質無利子化の対象となるとありますが、詳細を教えてく
ださい。
A  借換制度については、令和2年度補正予算の成立以降に取扱いを開始します。制度内容
は現在検討中のため、詳細が決まり次第ご案内いたします。
以上