私どもは舛田先生とのお付き合いがけっして長いほうではありません。医療法人を設立してから14年の月日が過ぎてしまいましたが、舛田先生に当法人の会計管理をお願いしたのは3年ほど前からです。
それまでの会計事務所もきちんとした会計・税務管理を行っていただいており、会計については優秀な事務所でしたが、経営においてもう一歩のサポートがほし いというのが実感でした。組織が大きくなるにつれて、その思いが次第に大きくなって2年かけて会計事務所を探し検討して変更いたしました。

私どもが望むサポートとは次の2点でした。

まず第1として、
経営に対する理論だった提言がほしいということです。私たち経営者は大変迷いやすいものです。「自分たちの進んでいる道が間違っていないのか、もっといい 方法があるのではないか。」といつも自問自答し、社員に伝えなくても日々自分の中で朝令暮改を繰り返し悩み・悩みながら事業を進めています。その、悩み・ 悩み決断する事柄には、なんらかのお金の問題が絡んでくることが多くあります。潤沢な資金があるわけではないので、悩みはより深く悩み・悩み・悩んで決断 しなければなりません。その重圧のためか「占い師」に駆け込む経営者もいると聞きました。その様なときに、一歩離れた立場からしっかりとした、理論だった 提言をいただけることは決断に当たって大きな助けになってくれます。

第2に、
毎年何らか行われる税制改正や複雑な経理税務に対してのサポートがいただきたいということです。税制改正や複雑な経理税務の全容を経営者が把握することは 困難ですが、これらの制度に対して、経営に資するような対応は必要不可欠となってまいります。税制や経理処理、資金管理にいたるまで、プロフェッショナル な目で自信をもってサポートしてもらえる環境が整って初めて経営者は安心して事業を推進していけるものです。 サポート体制が曖昧で対応が朝三暮四のように感じられると、経営者は更に悩み正しい進路を見失うだけでなく全てに対して疑心暗鬼の状態に陥ったり、自分が 孤立してしまった焦燥感をもったりします。

舛田先生が当法人のご担当になられてから3年が過ぎました。お蔭様でこの期間、悩みや迷いが半減しました。迅速な会計処理はもちろんのこと、さまざまな制 度への対応、資金調達へもさまざまなチャンネルをご提示いただいて、私たちの指針とさせていただいております。先生の日々の行動は大変心強く、親身になっ て幅広くご対応いただき感謝しています。今後の更なるサポートをお願いいたします。
さて、最後に舛田先生は何も語っていらっしゃいませんが、先生の仕事ぶりを拝見していると先生自身が何か大きな夢を持たれて仕事に取り組んでいらっしゃるように感じます。 いつか先生の夢をお伺いしたいと存じます。

医療法人社団 彩新会 http://www.saishinkai.com/